2020年12月27日

新刊書籍「恋するサル 類人猿の社会で愛情について考えた」著者 黒鳥英俊

おらけん代表黒鳥の、新刊が出ましたのでご案内いたします。

「恋するサル 類人猿の社会で愛情について考えた」
著者 黒鳥英俊
発行CCCメディアハウス 
定価1,500円(税別)
四六判並製224ページ  ISBN978-4-484-20226-6

●概要
「おらけん」代表の黒鳥は37年にわたって動物園に勤務し、ゴリラ、チンパンジー、オランウータンを担当したベテラン飼育員でした。この新刊は長年の現場で黒鳥が向き合ってきた類人猿たちの、性別・血縁・種を超えた「愛」についての考察です。

●推薦文(おらけん理事田島より)
黒鳥さんは、2002年に多摩動物公園へ異動してオランウータン担当となりました。2004年に大学へ入学した私は、その年の11月に大学で開催されたシンポジウムに参加しました。会場でとあるポスターをぼーっと眺めていたところ茶髪の発表者が話しかけてきました。それが黒鳥さんとの出会いでした。私の帰省先が多摩動物公園の近所であることを伝えると「それなら今度遊びに来なよ」と言われ、真に受けた若い私は、帰省の度に多摩動物公園に遊びに行きました。黒鳥さんは毎回親切に迎えてくださり、個性あふれるオランウータンたちを紹介してくださいました。そしていつも口癖のように「田島君も、ここで卒業研究をやったらいいよ」と言っていました。またまた真に受けた私はオランウータンに興味を持ち、多摩動物公園で卒業研究を行いました。大学院ではボルネオ島に渡ってオランウータンの研究を行い、博士号も取得することができました。

DSCN3101.JPG
↑”茶髪”の飼育員黒鳥さんと、その頃の私(田島)

思い返しても、ポスターの前で黒鳥さんと出会わなければ、私はオランウータン研究者になることはありませんでした。私と同様に山崎彩夏さん、花塚優貴さんも黒鳥さんのもとでオランウータン研究を始め、その後博士号を取りました。他にも多くの卒業研究、修士研究を受け入れています。黒鳥さんが多くの学生を支えてきた理由は、この本から理解できます。それは他者と関わるのが大好きで、他者と向き合って理解したいというパーソナリティのなせるわざなのでしょう。
このメルマガ読者の中にも、私と同じように黒鳥さんに結びつけられた方が少なくないと思います。私たちもきっと、この本に登場する歴代のレジェンド類人猿たちと同じなのかもしれません。これからもその独特のキャラクターで、人々をつなげていってほしいです!(田島)

●書籍は、書店、ネット書店にて購入できます。詳しくは下記をご覧ください。
(外部サイトに移動します)

http://books.cccmh.co.jp/list/detail/2477/
posted by おらけん at 11:41| オランウータン情報・tv放映

2020年12月19日

連続セミナー森林減少と地球温暖化・生物多様性 第4回案内

連続セミナー森林減少と地球温暖化・生物多様性 第4回(最終回)が開催されます。
(主催:地球・人間環境フォーラム)
詳細・お申込みは⇒https://www.gef.or.jp/news/event/201223tropicalforest/

**以下案内より

第四回「日本のサプライチェーンと熱帯林−SDGs12と15の視点から」
この連続セミナーでは、生物多様性の宝庫であり、炭素の巨大な蓄積地でもある東南アジアの熱帯林、特にインドネシアのスマトラ島にフォーカスし、森林減少と地球温暖化・生物多様性について、現地で活動するNGOや専門家に最新情報と保全への課題についてお話いただきます。真に持続可能な社会に向けて、熱帯林の産物を消費する私たちの側から何ができるか、4回のセミナーを通じて考えて行きます。ぜひご参加ください。

【第4回:日本のサプライチェーンと熱帯林―SDGs12と15の視点から】
2020年、森林減少ゼロの目標は達成できませんでした。一方で菅首相が2050年カーボンニュートラルの目標をはじめて明確にするなど、気候変動対策に向けた大きな変化が見られた年でもありました。これまで3回にわたり、森林減少ゼロと気候変動・生物多様性保全というテーマでインドネシア在住の日本人研究者、スマトラ北部で最後に残された貴重な熱帯林の保全活動やオランウータン保全に携わる現地NGOの方の話をお聞きしてきました。
最終回は、SDGs12「作る責任、使う責任」と「15陸の生態系も守ろう」の視点から、スマトラの熱帯林と日本の消費生活のつながりと、私たちができることについてレインフォレスト・アクションネットワーク日本代表部の川上豊幸さんにお話しいただきます。事例として、NDPE(森林減少・泥炭地開発・搾取の禁止)方針の実施、パーム油の搾油工場リストや森林フットプリント(事業の影響を受ける森林・泥炭地面積)の公表などをご紹介いただきます。

【日時】2020年12月23日(水)19:00〜21:00

【プログラム(敬称略)】
1)講師:川上豊幸(レインフォレスト・アクションネットワーク日本代表部)
2)コメント:坂本有希(地球・人間環境フォーラム)
3)質疑応答

【開催方法】オンライン会議システムzoom(お申込みいただいた方に後日URLをお送りします。)

【お申込み】
フォームよりお申込みください。フォームにアクセスできない場合は、以下の情報をevent(a)gef.or.jp((a)を@に置き換える)までお送りください。お申込みいただいた方に、前日までにメールにてzoom参加用のリンク等をお送りします。
@お名前(ふりがな)Aメールアドレス、B所属団体・組織名、C部署名等、Dセミナーに関するご意見・ご質問・ご要望等(あれば)

【参加費】無料

【主催】地球・人間環境フォーラム
posted by おらけん at 00:47| 日記

2020年12月01日

12月8日開催!OICパヌート氏講演「スマトラオランウータンの保全と熱帯林」

DSCN4505_original.JPG

スマトラ島にフォーカスし、森林減少と地球温暖化・生物多様性について、現地で活動するNGOや専門家が最新情報や保全活動を行う上での課題についてお伝えする連続セミナー、いよいよ第3回目、「おらけん」も登壇です!オンライン会議システムzoomでの開催になります。

主催:地球・人間環境フォーラム
連続セミナー森林減少と地球温暖化・生物多様性
 第3回「スマトラオランウータンの保全と熱帯林」

・開催日時2020年12月8日(火)19:00から21:00
・開催方法 オンライン会議システムzoom
・参加費 無料(事前申し込みが必要です)

・プログラム(敬称略)
1 講演:Panut Hadisiswoyo(Orangutan Information Centre)
2 コメント:金森朝子(日本オランウータン・リサーチセンター)
3 質疑応答
*パヌート氏の講演は英語ですが、同時通訳により日本語で聞くことができますので英語力に不安がある方でも安心してご参加いただけます

申込・詳細は下記のURLにアクセスしてください。

詳細ページへ

申込フォーム

申し込みフォームへ
posted by おらけん at 23:20| 日記